じょにいじょにい

腹筋マニア”じょにい”です。

シナモンシナモン

アシスタントのシナモンです

 

今回は

ビタミンC最新情報!

ビタミンCはダイエットに効果あり!

というテーマでお送りします。

 

 

ビタミンと言えばビタミンC!

って感じで、ビタミンCしか

知らない人って、

絶対いると思います。

 

 

ビタミンCが新鮮な野菜や

果実に入っているのは、

もはや誰でも知ってますよね。

 

 

なんだかよくわからないけど、

ビタミンC=健康にいい!

 

と、

とにかく好印象しかないのが普通ですが

ビタミンCのどこが体に

良いんでしょう?

 

 

また、体に良くても

筋トレや運動をすると、

ビタミンCも消費が激しくなるので、

積極的に摂らないといけないのも事実。

 

 

最新情報では、ビタミンCは

ダイエットにも効果があるそうですよ!

 

 

ビタミンと言っても

いろんな種類がありますが

今回は特にビタミンCに絞って

詳しくお伝えしますね。

 

 

それでは、いってみよう!

 

 

ビタミンはダイエットにも欠かせない体の潤滑油

 

ビタミンは

ダイエットにも欠かせない

体の潤滑油と言われています。

 

 

ビタミンにはビタミンC以外にも

A、B、D、Eといろいろありますが、

そもそもビタミンってなんでしょう?

 

 

ビタミンは三大栄養素の

タンパク質、糖質、脂質に比べると

必要量は少ないし、エネルギーもゼロ

ですが、欠乏すると命に係わるくらい

重要な栄養素なんです。

 

 

人間の体をクルマにたとえるなら、

三大栄養素はガソリン、

ビタミンはエンジンオイルみたいなもん

 

 

ガソリンが満タンでも、

エンジンオイルが入ってないと、

クルマは動きません。

 

 

たとえオイルが入っていても

量が不十分だと

動きがギクシャクしたり、

エンジンが焼き付いたりしますよね。

 

 

エンジンが焼き付いたら、

もはやスクラップ

ただの鉄クズですわ!

 

ビタミンも車のオイルみたいなもので

三大栄養素が体の中できちんと

使えるように、潤滑油のような

働きをしているんです。

 

 

今回はビタミンの中でも

超有名なビタミンCについて

お伝えしていこうと思います。

 

 

ダイエットに効果のあるビタミンC、寿命はたったの2~3時間

ダイエットに効果のあるビタミンC

ですが寿命はたったの2~3時間

しかありません。

 

 

ビタミンといえば、最も有名なのは

ご存じビタミンC!

 

 

でも残念ながら、体の中に入っても

たった2~3時間で

出て行ってしまいます。

 

 

理由はビタミンCが

水溶性のビタミンだから

 

水に溶けるビタミンなので、

汗や尿などで体からどんどん

出ていってしまうんです。

 

 

体の中に長期間蓄えることが

できないので不足しやすいのが

ビタミンCの欠点。

 

 

ただし、体に蓄積されないので、

過剰症の心配がほどんどないのが

利点です。

 

 

脂溶性ビタミン、

つまり油に溶けるビタミンは、

体からすぐには排出されませんが、

摂りすぎると過剰症になる

危険性があります

 

 

妊婦さんは医者から脂溶性ビタミンの

ビタミンAについて、

摂り方を厳しく指導されますが、

これは不足しても摂り過ぎても

胎児に悪影響があるからなんですね。

 

 

水溶性なので2~3時間で排出されて

しまいますが、過剰症の心配がないのが

ビタミンCの長所です。

 

 

ダイエットに効果のあるビタミンC、7つの働き

ダイエットに効果のあるビタミンCの

7つの働きを説明します。

 

 

ビタミンCは体の中でどんな働きを

してるんでしょうか?

 

 

コラーゲンの生成に必要

 

ビタミンCは

コラーゲンの生成に必要です。

 

 

コラーゲンはタンパク質の一種で

細胞同士をくっつける役割があります。

 

 

皮膚や骨、軟骨、靭帯、腱、血管などを

丈夫にしてくれるタンパク質で、

全タンパク質の30%はコラーゲンです

 

 

ビタミンCは、

このコラーゲンの生成に

欠かせない存在で、

欠乏すると 壊血病という

恐ろしい病気になり、

全身のあらゆるところから出血して、

ついには死んでしまいます。

 

 

16~18世紀の大航海時代、

ヴァスコ・ダ・ガマの

インド航路発見の航海では

180人中、100人の船員が

壊血病で死んでしまったとか(!)

 

 

長期間の航海中、

新鮮な野菜や果実が食べられず、

壊血病になってしまったのですが

当時はその原因が不明でした。

 

 

その後、研究が進み

新鮮な野菜や果実に含まれる

ビタミンCが

壊血病の予防になるとわかり、

多くの人が壊血病にならずに

済んだのです。

 

 

ビタミンC発見の裏にはこんな

歴史があったんですね。

 

 

ストレスと闘う!

 

ビタミンCは

ストレスと闘います。

 

 

実は、

ほとんどの動物は体内で

ビタミンCを作ることが

できます。

 

 

ビタミンCを体内で合成できないのは

ヒト、サル、モルモット、

コウモリなどの一部の動物だけ。

 

シナモンシナモン

ビタミンCを体で作れないなんて

人間って不便ね

 

実験では、

ビタミンCを体内で合成できる

動物にストレスを与えると、

その動物の体内でビタミンCが多量に

作られることが分かっています。

 

 

ストレスとは環境の変化などで

体に負担がかかっている状態のことで、

心配症の人やイライラしやすい人ほど

ビタミンCの消耗は激しい

ということになります。

 

 

人間はビタミンCを体内で

合成できないので、

ストレスから体を守るには、

ビタミンCを

食べ物から摂らないと

いけないワケです。

 

 

抗酸化作用がある

ビタミンCには

抗酸化作用があります。

 

 

人間も他の動物と同じく、

酸素をエネルギーにして

生きていますが、

酸素はその代謝の過程で、

一部が活性酸素に変化し、

体を傷つけることが

あるのです。

 

 

ビタミンCはその活性酸素から

体 を守ってくれています。

 

 

ダイエットでいっぱい運動したら、

酸素もいっぱい使うので、

同時に 活性酸素も

たくさん発生します。

 

 

そのため、

ダイエットするならビタミンCも

多く必要になってくるんです。

 

 

病気と闘う!

 

ビタミンCは

病気と闘ってれます。

 

 

ビタミンCはコラーゲンの

生成に欠かせないビタミン。

 

 

コラーゲンが細胞同士を

がっちり固めていると、

風邪などのウイルスも簡単には

細胞の中に侵入できなくなるので、

「ビタミンCを摂ると風邪予防になる」

というワケです。

 

 

また血液中の白血球やリンパ球の中には

ビタミンCがたくさん入っていて、

常に細菌と闘っています。

 

 

つまりビタミンCを摂ると

風邪の予防効果もあるし、

風邪をひいてしまっても、

治りやすい体になるんですね。

 

 

がんの予防にも効果が期待できる。

 

ビタミンCは

がんの予防にも

効果が期待できます。

 

 

ビタミンCは発がん性物質

「ニトロソアミン」の合成を

食い止める働きがあるからです。

 

 

ニトロソアミンって?

 

 

肉や魚を食べると、

その中のタンパク質が

胃で消化されるときに

アミンという物質ができます。

 

 

アミンはハム、ソーセージ、

ベーコンなどの加工食品に

添加物として入っている

亜硝酸ナトリウムと反応すると

ニトロソアミンという

発ガン性物質に変化します。

 

 

亜硝酸ナトリウムとは

ソーセージなどの袋の裏に書いてある

発色剤(亜硝酸Na)のこと。

 

 

保存料、発色剤として

よく使われている

食品添加物です。

 

 

亜硝酸ナトリウムは

あらゆる食品に入っているので

危ないんなら食べなきゃいい

と思ったところで、

普通に生活していたら

どうしても口に入ってしまいます。

 

 

亜硝酸ナトリウムを

完全にカットする ことは、

まず不可能なのです。

 

 

食品加工メーカーに

なんで亜硝酸ナトリウムを入れるのか?

と聞いたところで、大抵は

「保存料として必要だし、

毎日食べても安全な量しか

入れてませんので

安心してください」

とかいう、

ふざけた返事しか返ってこないので、

メーカーに期待しても無駄!

 

 

すぐに腐って

食中毒を起こされても困る。

 

 

色がきれい(赤い)ハム

ほどよく売れる、

亜硝酸ナトリウムは安い・・・。

 

 

どうせ本音はこんな感じでしょう。

 

 

それに

食品加工業者は

ハムやソーセージは

食べないそうですよ!

 

 

安全って言ったよな!お前ら!

 

 

メーカーに文句ってもしょうがないので

自衛のためにも、積極的にビタミンCを

摂って、ニトロソアミンから体を

守らないといけないんですよ。

 

 

美白効果がある

 

ビタミンCには美白効果があります。

 

 

ダイエットはしたいけど、そのために

外でジョギングなんかしたら日焼けで

真っ黒になりそうでイヤだな・・・

 

 

そんな時にもビタミンCは大活躍!

 

 

ビタミンCは活性酸素を分解して、

紫外線から皮膚の細胞を

守ってくれるんです。

 

また、シミやくすみの原因である

メラニンの生成を抑え、

ニキビ跡などの色素沈着も

緩和してくれるので、

美白に効果があるワケ

 

 

ビタミンCにダイエット効果あり!

最近の研究では

ビタミンCにはダイエットにも

効果があるとわかってきました。

 

 

ビタミンCには細胞を活性化させる

働きがあるんですが、

脂肪細胞に対しては エネルギーの

ブドウ糖を取り込ませないように

働くんだそうです。

 

 

つまり、

ビタミンCをいっぱい摂れば、

脂肪細胞はブドウ糖を取り込めず、

大きくなることができなくなります。

 

 

これが、ビタミンCにダイエット効果

がある理由なんですね。

 

 

ダイエット中、ビタミンCの摂り方はこうだ!

 

 

ダイエット中、

ビタミンCはどんな

摂り方をすれば

いいでしょうか?

 

 

運動やスポーツをすると

汗と共にビタミンCは奪われるので

積極的にビタミンCを

摂っていきたいところですが

注意するべき点について

説明します。

 

 

朝、昼、夜、1日3回に分けて摂る

 

ビタミンCは

朝、昼、夜、1日3回に分けて摂る

のが良いです。

 

 

ビタミンCは水溶性ビタミンなので、

一度にたくさん摂っても

2~3時間もすれば尿や汗と一緒に

体から出て行ってしまいます

 

 

なので

1日の中で数回に分けて摂るのが

ベストですね。

 

 

かと言って日中は

仕事もあるでしょうから、

2~3時間おきに摂るのは結構大変。

 

 

せめて食事時、

1日3回に分けて摂るのが現実的ですね

 

 

量は1日最低1000mg摂る

 

 

ビタミンCは1日

最低1000㎎摂るのが

良いでしょう。

 

 

厚生労働省は、1日最低100㎎の

ビタミンCを食事で摂りましょう、

などと言ってますが

これは壊血病で死なないための

ギリギリの最低ライン。

 

 

周りの人が「壊血病で死んだ!」

なんて話は聞いたことないので、

普通に食べていたら

100㎎のビタミンCなんて、

誰でもクリアしてるんですよ。

 

 

ビタミンCの

いろんな効果を期待するなら

1日1000㎎は摂ってほしいですね。

 

 

新鮮な野菜や果実はもちろん、サプリメントも利用する

 

新鮮や野菜や果実はもちろん、

サプリメントも利用して、

毎日しっかりビタミンCを

摂ってほしいですね。

 

 

ほうれん草、ジャガイモ、キャベツ、

にがうり、ピーマンなどは

ビタミンCがたくさん入っています。

 

 

朝、昼、夜、1日3回の食事で

このような新鮮な野菜を

取り入れましょう。

 

 

とは言え、

「ほうれん草100gには約35㎎の

ビタミンCが入っています。」

とか言われても、

ホントにそれだけ

入っているかなんて、

分かりませんよね。

 

 

育てられた環境にもよるし、

収穫されてからどれだけ経過

しているのかも不明

 

 

また

調理で加熱してもビタミンCは壊れるし

野菜などを切った瞬間、

その切り口からビタミンCは

どんどん酸化していきます。

 

 

ですから、

食事で気にしないといけないのは

野菜を多く使う、

調理したら早めに食べる

くらいのことで、

あまり神経質になり過ぎなくていいと、

私は思います。

 

 

あんまり気にし過ぎたらそのストレスで

ビタミンCを消費しそうで、

なにやってんだか・・・。

 

 

みかん、オレンジなどの

果実も良いですが、

食べ過ぎると糖分も一緒に

摂ってしまうので要注意です。

 

また、

果実に多く含まれる果糖は、

エネルギーゼロですが、

これはエネルギーとして燃えず

直接脂肪になるということなので、

食べ過ぎると太ります。

 

 

確実にビタミンCを摂るなら

やはりサプリメントの活用も

必要になってきますね。

 

 

市販されているビタミンCの

サプリメントはたくさんあります。

 

 

注意したいのは

ビタミンCは水溶性なので

必ず水と一緒に飲むこと。

 

 

チュアブルタイプは水なしでもOK。

 

 

1日1000㎎を目安に試してみては

いかがでしょうか?

 

 

まれに1日1000mg以上、

ビタミンCを摂ったら、

腸内細菌が活発になり過ぎて

下痢になる人もいるようですので、

下痢になるようなら、

量を調節する必要はありますね。

 

 

まとめ

 

 

今回は

ビタミンC最新情報!

ビタミンCはダイエットに効果あり!

というテーマでお送りしてきましたが

いかがでしたか?

 

 

ビタミンCは

コラーゲンの生成に必要。

ストレスに強くなる。

抗酸化作用がある。

病気から体を守る。

ガンの予防にも効果が期待できる。

美白効果がある。

ダイエット効果が期待できる。

 

 

ビタミンCの摂り方は、

水溶性で2~3時間で排出されるので

1日数回に分けて摂るのが良い。

 

 

1日の目安は1000mg

 

 

食事で摂るのが基本ですが

サプリメントの活用も効果的。

 

 

必ず水と一緒に摂ることを

忘れずに!

(チュアブルは水なしでもOK)

 

 

ダイエットにはげむなら、いつも以上に

ビタミンCを摂っていただきたいですね。

 

 

ビタミン摂って、美多民になろう!

 

 

腹筋マニア”じょにい”でした!

 

 

無料相談受付中です


 

 

只今、無料相談受付中です!

 

 

⇒じょにいに無料で相談してみる

 

 

私が今までに試してきた

いろんな腹筋グッズについて

知りたい方もこちらからどうぞ!